たしかな歩みを。

自己肯定感

 存在を認められて育たないと、ずっと引きずるのかな。いい大人になってもそう思うのって、自分が成長できてないだけなのかな。でも基盤のないものをどうにか自力で作ろうとするのは…難しいね。

 人は自分に共感してくれるわけではない。そんなことは当たり前。親さえも共感してくれなかったのに、血のつながりもない者が味方になどなるわけがない。

 多分、私が思うことが間違ってる。私が思うことを口にしなければ済む。そうして私はまた、子ども時代への私へと戻る。自己主張をしない(できない)、ただにこにこしているだけの、表面は従順で温厚そうな、中身は激しい憎悪に満ちた…。その憎悪の対象もまた、自分に向けられる(自分以外に向けられるわけがない)。

 愛がなかったのなら、私を生まなければよかったのに。そうしたら私がこんなに苦しみながら生きなくてもよかったのに。

 自分の人生は自分で切り拓く!と、実家を出てから心に決めて、見よう見まねでやってはきたけれど…。自分で少しずつ蓄えてきた心の充電は消費に追いつかず、そろそろエネルギー切れかもしれない。
 自己肯定感…持っていられる人がうらやましい。


[PR]
# by k_sakuya07 | 2017-05-04 12:29 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

“外”さん…

 3月下旬にブログを更新してから、早1ヶ月。いわゆる年度末・年度始めというバタバタの時期 + なんだかんだともう、自分のまわりのいろんな状況に飲み込まれながらの日々でした…。やっと平穏を取り戻しつつあるのかなあ。

 いろいろ書き留めておきたいことはあったのに、忙しすぎて自分を振り返る暇がないというのはよくありませんね。ちょっとしたことでイライラしてしまったり、疲れすぎてしまったり。

 本当は家でゆっくり繕い物をしたり、庭の草を取ったりして穏やかに過ごすのが好きなのに。

 とは言うものの、語り部として活動することを少しずつ明確にしてきたのも、この時期。勿論そんな大それたものではなくて地道な、地域に根ざしたものなのだけれど。実力のほどはともかく、やると決めたら、もっと勉強もしておきたい…自分から動いて、県内でそんな活動をしている人たちを訪ねてつながらせていただいたりもして。

 そんな中で、わが家の次男坊は、ついに反抗期。ダンナの地域活動もますます多忙を極めてきてほとんど家にいないし、もう何が何だかわけわからない状況になってきてしまいました。冷静に親をサポートしてくれる長男には、わが子ながら頭が上がらない点が出てきました(汗)

 来月から新たに始まる語り部としての活動の準備で、今日もこれから動きます。ちーっとも家にいないのは、私もそうかもしれません(奥さん外さん)。

 さてさて、いつまでもPCに向かっていないで、溜め込みがちな家事をさっと終わらせて、午後からの活動に備えるとしますかっ!
 
 
 

[PR]
# by k_sakuya07 | 2017-04-27 12:04 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

桜子物語

 同じ神様をまつった神社があり、同じ神話・民話が残っている地域に嫁いで来たのも何かの縁。地域に伝わる話を次の世代に伝えていくのも私の役目かなと思って、そんな活動をさせてもらっています。

 私の生まれた町で語り伝えられているのと同じ話の一つが「桜子物語」。

 桜川のほとりに暮らす貧しい母と子がいて、その子(桜子)は母の苦労を思い自ら人買いに買われて、代金と手紙を残し家を去ります。それを知った母親は泣きながら探しますが、人買いの姿はすでになく、コノハナサクヤヒメに桜子の無事を祈願してわが子を捜す放浪の旅へ出ます。

 数年後、今は寺で修行の身となっていた桜子は、日向から遠くはなれた常陸の国にいました。ちょうど桜の季節、住職に連れられて村の人たちと桜見物に来ていた日のこと。桜を見て狂う女がいるという噂に、住職がその様子を見てみると「この川の名も桜川、私の子どもも桜子、なにか縁があろうと思うのになぜ桜子には会えぬのか…」と、はらはらと舞い落ちる桜をすくいあげては泣き崩れています。

 すべてを悟った住職は桜子をその女に引き合わせ、母と子は抱き合い涙を流します。住職は桜子に、母とともに日向の国へ帰って孝行するよう奨め、二人はそれから連れ立って帰っていった、というお話です。

 謡曲「桜川」の原話でもあるこの話には子どものころから慣れ親しんではいるのですが、あらすじをざーっと話したことはあっても、きちんと演目として人前で語るのは実は今回が初めてです。話の内容で間違えるところはなくても、どれだけ人の心に響く表現ができるかが不安です。練習で何回語ってみても、どうしても同じ母親としての立場に感情移入しすぎて涙が出てきてしまい…語り手がこうであっては聴き手は興醒めしてしまうと、理性的にならねばと思っているところです。

 しかし…今日は雨。午後から会場設営の予定ではありますが、どうなるかなあ。明日、小雨ならまだいいけど…舞台と同じくらい、天気も心配です。
 
 


[PR]
# by k_sakuya07 | 2017-03-25 09:09 | 生き方 | Trackback | Comments(0)

子どもに示しがつかないからね

 どうしてこう人って…と思うようなことが、また昨日ありました。
 同時にそれは、どうしてこう私って…でもあるのですが。

 次男坊の小学校最後の参観日。5時間目が授業参観で、6時間目は別教室で学級懇談。その間子どもたちは教室で自習でした。懇談が早く終わったので先生は教室に戻られ、私たちはすぐ教室の見える別教室で待っておけばいいものを…次々に教室前に保護者が移動。仕方なく私も教室へと行きましたが、やっぱり予想通りの展開に。

 保護者の廊下でのおしゃべりが始まったのです。最初は小さかったその声もだんだん大きくなってきて、話の盛り上がりとともに高らかな笑い声へと。仲のよい保護者が近くにいないわけではなかったけれど状況を考えてあえて話もせずに黙って教室の中の様子を見ていた私は、子どもたちがその笑い声を気にして時おりこちらを見るのがたまらなくなって…いい加減こらえたけれど、やっぱり歩み寄って言いました。

 「…あのですよ、(教室を指さしながら)一応まだ授業中ですわぁ。子どもに示しがつかんかいですよ」

 反感を買いにくいようにあえて地元の言葉でしかも低姿勢で言いましたが、ある人は「…ですね」と言い、ある人はむすくれました。

 ま、むすくれるようなヤツは放っときゃいいんですけどね。そんな大人気ない姿をわが子にさらして恥ずかしくないのか、って感じですが。

 実はこの状況、上の長男坊のときにもありました。保護者のメンバーは違うけれど、同じ状況。なんでこうママ友といわれる方々は分別のない方が多いのかな…それとも私が何か間違ってるんかな。

 子どもたちの前で親がしっかりしていないって、何を考えて参観日に来てるんでしょうね。最後の参観日なのに、先生や子どもたちに申し訳なくて…こんな思いを持った保護者は他にはおらんのでしょうかね。ほんと、なさけないことです。
 宮崎弁で言うところの、「まこち、だちもねもんじゃ〜」泣くごつあっですわ。

[PR]
# by k_sakuya07 | 2017-02-22 09:07 | 子育て | Trackback | Comments(2)

アマチュアでも忘れてはいけないこと

 いろんな方々の語りや読みきかせやその他諸々の活動を見聞きしたり、そしてもちろんプロとしてやっている方々のそれらの活動に限らずとにかく人に何かを聞いてもらうというアクションに触れたりすること…そこから得るものはいっぱいあるように思います。ただ単にお客さんや視聴者としてそれらを見たり聞いたりする中にも、得ようと思えばたくさんの気づきや発見があるはずです。 

 アマチュアだけれど人の前に立って何かを読んだり語ったり演じたりする、その中で忘れてはいけないこと。それはお金が発生しなくても、徹底的な自分への“プロ意識”と“謙虚さ”だと思います。

 アマチュアだからこの程度でいい、プロじゃないんだから完璧にできるはずがない、などとよく人(同じような活動をしている人でも)は言います。それは絶対、大間違い。できているかできていないかは自分が判断することじゃないし、聞いてくださる方が下手だなあと思ったら下手なのです。自分の研究が足りないのです。

 何度も場数を踏んでベテランになっていても、みなさんに時間を割いてもらって聞いていただくのだという思いを、絶対に忘れてはいけない…会場設営をしてくださっている人たちに対して上から目線でものを言うようなことがあっては絶対にならない、と思います。

 自分がどれだけできているかは、まったくわかりません。精一杯やっているつもりではありますが、足りないところがあると思います。語りなどの本番以外の下準備や応接などでも、気がつかなくてお客さんにご不便な思いや失礼な対応をしてしまっているかもしれません。

 だから、きちんと言ってもらえる人を持つことは大事だなあと感じます。
 人の公演を見て思うこと、次の自分の活動に生かしていきたいと感じます。


[PR]
# by k_sakuya07 | 2017-02-13 12:33 | 生き方 | Trackback | Comments(2)



足もとからのエコ、子育て、家事を通じて世の中を考える
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
子どもの規範になるような..
by k_sakuya07 at 08:48
分別が付かない大人・・・..
by タッキー at 20:39
「ますます聞いてみたく」..
by k_sakuya07 at 17:03
こんばんは Sakuy..
by タッキー at 20:44
案内記事を揚げたっきりで..
by k_sakuya07 at 11:25
絵本て、読み深めると奥深..
by タッキー at 21:05
中学・高校、同時にご卒業..
by k_sakuya07 at 20:08
こんばんは 懐かしいな..
by たっきー at 18:18
お久しぶりです! こち..
by k_sakuya07 at 09:49
お金・権威・自由気まま ..
by タッキー at 21:52
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
外部リンク
参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧